PCパーツ関連の戯言
PCパーツのレビューやPCパーツの最新情報、自作PCに関する情報、PC関連のレビュアー募集やプレゼント企画などを紹介します!    

[ 東芝 ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連タグの記事こちらから→



   

SanDiskが10年保証&ゲーム向けSSD「Extreme PRO SSD」を発売!

SanDiskが10年保証と高耐久・高信頼性&ゲーム向けを謳うハイエンドSSD「Extreme PRO SSD」を発売しました!
現在発売されているラインナップは容量240GBモデル「SDSSDXPS-240G-G25」と480GBモデル「SDSSDXPS-480G-G25」の2モデルです。960GBモデルもラインナップされており、近日登場予定です。
10年保証でゲーム向けのSanDisk製SSD「Extreme PRO」が発売 独自のキャッシュ技術「nCache Pro」を採用―(AKIBA PC Hotline!)
  • 2.5インチ/7mm厚の6Gbps SATA SSD
  • PCパーツとしては長期の10年間保証が付属
  • フラッシュは東芝・サンディスク四日市工場製MLC-NAND、コントローラーはMarvell9187を搭載
  • 独自のキャッシュ技術「nCache Pro」の採用により、データアクセス速度と耐久性が最適化したことにより、ゲームや高負荷の処理でも高い応答性を可能にし、24時間かつ長年に渡って高いパフォーマンスを維持し続けることが可能とのこと
  • 転送速度はシーケンシャルリード550MB/sec、ライト520MB/sec(480MB/960GBは515MB/sec)、ランダムリード10万IOPS、ライト9万IOPS
  • 耐久性については24時間×7日間の連続動作、MTTF 200万時間が謳われています
  • 本体サイズは69.85×100.5×7mm。
  • 動作時の消費電力は、240GBが0.13W、480GBと960GBが0.15W



スポンサーサイト

関連タグの記事こちらから→ SSD SanDisk SATA3.0(6Gbps) Marvell 東芝



   

容量5TBのHDDがついに税込2万円以下に!東芝「MD04ACA500」が数量限定で税込19,990円で販売中!

BUY MORE秋葉原本店が東芝「MD04ACA500」を数量限定ですが、税込19,990円で販売中です!容量5TBのHDDがついに2万円割れですね!
販売数は限定5本(1人2本まで)とのことなので、あっという間に売り切れそうですね。
容量5TBのHDDが実売2万円割れに、東芝製―(AKIBA PC Hotline!)


B00KD3KZPE




安価な5TB HDDと言えば、WesternDigitalが「WD Green」シリーズの5TBモデル「WD50EZRX」を発売しました。
Western Digitalが「WD Green」シリーズの5TB&6TBモデルを発売!「WD50EZRX」「WD60EZRX」 [2014/07/31]



関連タグの記事こちらから→ 特価情報 HDD 東芝



   

東芝が厚さ7mm/容量500GBの2.5インチハイブリッドHDD「MQ01ABF050H」を発売!キャッシュストレージとして8GBのSLC NANDフラッシュを搭載

東芝がキャッシュストレージとして8GBのSLC NANDフラッシュを搭載した容量500GBの2.5インチハイブリッドHDD「MQ01ABF050H」を発売しました!
価格は税込6,480円です。
厚さ7mm/容量500GBの2.5インチハイブリッドHDD! 東芝「MQ01ABF050H」が販売中―(アキバ総研)
「MQ01ABF050H」は容量500GB/ディスク1枚構成の2.5インチHDDです。
  • 8GBのSLC NANDフラッシュを搭載し、厚さ7mmの薄型設計
  • 同社製の従来モデル「MQ01ABD」シリーズに比べ4倍高速化とされています
  • インターフェイスがSATA 6Gbps
  • ディスク回転数が5400rpm
  • キャッシュ容量が32MB
  • 動作音はアイドル時19dB、シーク時21dB。




ハイブリッドHDD(SSHD)は色々なモデルが発売されています。
東芝が8GBのSLC NAND搭載のハイブリッドHDD「MQ01ABD100H」発売! [2013/10/20]
Seagateの8GB NAND内蔵のハイブリッドHDD「Desktop SSHD」から最大容量なる4TBモデル「ST4000DX001」発売! [2013/11/07]



関連タグの記事こちらから→ HDD 東芝 SATA3.0(6Gbps) ハイブリッドHDD SSHD



   

0円WindowsことWindows 8.1 with Bingを搭載した東芝製タブレット「dynabook Tab S38/S50」が発売!

東芝が"0円Windows"ことWindows 8.1 with Bingを搭載したタブレットを発売しました!
ラインナップはディスプレイサイズが8インチの「dynabook Tab S38」(ストレージ32GB/64GB)と、10.1インチの「dynabook Tab S50」(ストレージ32GB)の2種類です。
価格は以下の通りとなっています。
  • 8インチのストレージ32GBモデルが税抜38,800円、64GBモデルが税抜48,800円
  • 10.1インチのストレージ32GBモデルが税抜49,800円

sらに、近日中に10.1インチのストレージ64GBモデルとBluetoothキーボード付きモデルも発売予定となっています。
“0円Windows”搭載の東芝製タブレットが発売―(AKIBA PC Hotline!)

Windows 8.1 with Bingは、Microsoftが低価格端末向けとして用意したWindows 8.1の新たなエディションで、2014年5月に発表されました!
Microsoftが低価格デバイス向けの新エディション「Windows 8.1 with Bing」を発表!ライセンスは9インチ未満の小さいタブレットは無料 [2014/05/25]
Internet Explorerの検索エンジンが同社の「Bing」に標準で設定される代わりに、OSを低価格で提供するという形です。
ライセンスは9インチ未満の小さいタブレットは無料と発表されたのも話題になっていましたね。
通常のWindows 8.1との差異は、前述の検索エンジンの設定のみで、購入後にユーザーが別の検索エンジンに変更することも可能です。

dynabook Tab S38/S50のスペック

  • 搭載プロセッサは4コア/4スレッドのAtom Z3735F(クロック1.33GHz、バースト時最大1.83GHz)
  • メモリはDDR3L 2GB
  • ディスプレイの解像度は1,280×800ドット。
  • 主な搭載機能・インターフェイスは無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0、Micro HDMI(S50のみ)、Micro USB、microSDカードスロット、リア/フロントカメラ、GPS、電子コンパス。Office Home and Business 2013が導入
  • 本体サイズ/重量(約)は、S38が132×210.7×9.5mm/385g、S50が258.8×175×9mm/555g(Bluetoothキーボードを除く)。













関連タグの記事こちらから→ タブレット 東芝 Windows8



   

東芝が世界初の4K液晶ディスプレイ搭載のノートPC「dynabook T954」を4月25日に発売!

東芝が2014年4月16日に、世界初となる4K液晶搭載ノートPC「dynabook T954」(型番:PT95489LHXG)を発表し、4月25日に発売するそうです!
世界初の4K液晶ディスプレイ搭載ノートPC、東芝「dynabook T954」4月25日発売―(エルミタージュ秋葉原)

dynabook T954(PT95489LHXG)の特徴

  • 高精細4Kディスプレイ(3,840×2,160ドット)を世界で初めてノートPC に搭載。同社の4K対応テレビ「レグザ」の技術を応用し、1インチあたり282ピクセルの高解像度表示が可能。
  • テクニカラー社の認証を得た色彩でカラーキャリブレーションを実施。目に見える色に限りなく近い、より自然な色味を実現。
  • 高性能グラフィックチップ「AMD Radeon R9 M265X」搭載
  • 音のクオリティを追求した「harman/kardonステレオスピーカー」搭載
  • 低消費電力IGZOディスプレイ採用
  • 文字やアイコンを見やすく調整する東芝画面設定ユーティリティ搭載

ノートパソコンもついに4Kの時代ですね!

dynabook T954(PT95489LHXG)のスペック



関連タグの記事こちらから→ ノートPC 東芝 (Intel) (Haswell) (Radeon) (R9-M265X)



   

アスクがOCZ製SSD「Vertex 460」シリーズの取り扱い開始を発表!東芝製19nm MLC NANDとIndilinx Barefoot 3 M10コントローラ搭載

OCZの国内正規代理店アスクがOCZ社製の最新SSD「OCZ Vertex 460」シリーズをの取り扱い開始を発表しました!
Indilinx社製 Barefoot 3 M10コントローラを搭載し、19nmプロセスの東芝製MLC NANDフラッシュを採用しているのが特徴です。
転送速度に関しては読み出し最大545MB/s、書き込み最大525MB/s、4Kランダム最大書き込み90,000 IOPSの高速転送を実現しています。

「OCZ Vertex 460」シリーズは2014年1月に発表済みです。
OCZが東芝製19nm MLC NANDオリジナルコントローラ搭載のSATA3.0対応2.5インチSSD「Vertex 460」を発表! [2014/01/28]

OCZ Vertex 460シリーズの容量ラインナップ

120GB「VTX460-25SAT3-120G」、240GB「VTX460-25SAT3-240G」、480GB「VTX460-25SAT3-480G」の3モデルです。

OCZ Vertex 460シリーズの特徴

  • Indilinx製 Barefoot 3 M10 SSDコントローラ搭載
  • 19nmプロセス MLC NANDフラッシュを採用
  • Ultrabookにも最適な7mm厚タイプ
  • SATAⅢ 6.0Gb/s インターフェース対応
  • 読込速度 最大545MB/s(480GB)
  • 書込速度 最大525MB/s(240GB,480GB)
  • 4kランダム読込 95,000IOPS(480GB)
  • 4kランダム書込 90,000IOPS
  • Windows7 Trimコマンド対応
  • 使用用途に応じ、3つの容量をご用意(120GB,240GB,480GB)
  • 3.5インチ変換アダプタ、環境移行ソフト用ライセンスキー同封

OCZ Vertex 460シリーズのスペック

製品名 OCZ Vertex 460
容量ラインナップ 120GB/240GB/480GB
フォームファクター 2.5インチ、7mm厚
メモリの種類 東芝製19nm MLC
インターフェース SATAⅢ 6.0Gbps(SATAⅡ 3.0Gbps対応)
SSDコントローラ Indilinx Barefoot 3 M10
耐久性 20GB/日(3年間使用時で換算した場合の耐久性目安)
その他の機能 BCH ECC、Idle Time Garbage Collection、AES-256、TRIM、S.M.A.R.T.
動作環境温度 0℃~70℃
使用電圧 アイドル:0.6W, アクティブ:2.7W
外形寸法 99.7(L)×69.75(W)×7(H)mm
重量 113g
付属品 3.5インチ変換アダプタ、Acronis True Image用ライセンスキー
保証期間 1年(代理店保証)

OCZ Vertex 460シリーズの転送速度

製品名 OCZ Vertex 460 2.5" 120GB OCZ Vertex 460 2.5" 240GB OCZ Vertex 460 2.5" 480GB
容量 120GB 240GB 480GB
読込速度 530MB/s 540MB/s 545MB/s
書込速度 420MB/s 525MB/S 525MB/S
4KB ランダム読込 80,000 IOPS 85,000 IOPS 95,000 IOPS
4KB ランダム書込 90,000 IOPS 90,000 IOPS 90,000 IOPS
ダーティ書込 12,000 IOPS 21,000 IOPS 23,000 IOPS


B00J5317CS


B00J531778


B00J5312KU



アスクの製品情報ページ http://www.ask-corp.jp/products/ocz/2-5inch-sata3-ssd/vertex-460.html

「OCZストレージソリューション」として再始動してからの第1弾製品ですかね。
最近SSDはPLEXTORやMicron、CFDと様々なメーカーから発売されています。それぞれ特徴があるので、各SSDをチェックして、欲しいSSDを探してみて下さい!
PLEXTORのPCI-Express2.0(x2)対応のハイエンドSSD「M6e」シリーズが取り扱い開始!コントローラはMarvell製サーバーグレードチップ「88SS9183」を採用 [2014/03/31]
PLEXTORがSATA3.0対応SSD「M6M」「M6S」シリーズを発表!Marvellの最新サーバーグレードコントローラ「88SS9188」を採用 [2014/03/31]
Micronが新型SSD「Crucial M550」シリーズを発表!フォームファクタは2.5インチ、mSATA、M.2! [2014/03/24]
CFDが東芝の最新SSD「HG6」発売!第2世代19nmプロセスのMLC NANDフラッシュ採用のクライアント向けSATA3.0(6Gbps)対応SSD [2014/03/23]



関連タグの記事こちらから→ SSD OCZ SATA3.0(6Gbps) 東芝 Indilinx



   

CFDが東芝の最新SSD「HG6」発売!第2世代19nmプロセスのMLC NANDフラッシュ採用のクライアント向けSATA3.0(6Gbps)対応SSD

CFDが東芝の新型SSD「HG6」を採用した「SSD S6TNHG6Qシリーズ」を発売しました!

S6TNHG6Qシリーズの容量ラインナップと価格

  • 128GBモデル「CSSD-S6T128NHG6Q」 36,800円
  • 256GBモデル「CSSD-S6T256NHG6Q」 19,980円
  • 512GBモデル「CSSD-S6T512NHG6Q」 10,980円

採用されている東芝製新型SSD「HG6」について紹介します。

HG6について

  • 東芝が2月に発表したクライアント向け6Gbps SATA対応SSD
  • 「第2世代の19nmプロセス技術」(同社)というMLC NANDフラッシュが採用
  • SED(自己暗号化ドライブ)モデルではTCG Opal 2.0準拠のセキュリティ機能を搭載
  • 未登録のシステムからSSDにアクセスされると、自動的にデータを消去する独自機能を搭載
  • 最大転送速度は、リード534MB/s、ライト482MB/s
  • 記憶容量は60GB/128GB/256GB/512GBの4モデル
  • フォームファクタは、2.5インチ(7.0mm厚/9.5mm厚)、mSATA、M.2 2280(片面)、M.2 2280(両面)が用意

全てのフォームファクタが店頭で販売されるかは不明ですが、種類が多いですね。

S6TNHG6Qシリーズ

  • HG6シリーズの2.5インチ/7mm厚タイプを採用したCFD販売によるパッケージ品
  • セキュリティ機能非搭載の通常モデル

S6TNHG6Qシリーズの転送速度

型番 容量 Seq-Read Seq-Write
CSSD-S6T128NHG6Q 128GB 530MB/s 490MB/s
CSSD-S6T256NHG6Q 256GB 530MB/s 490MB/s
CSSD-S6T512NHG6Q 512GB 530MB/s 500MB/s

S6TNHG6Qシリーズのスペック

 フォームファクター  2.5inch
 インターフェース  SATA 6Gbps
 コントローラーチップ  非公開
 フラッシュ  MLC
 対応コマンド  NCQ、TRIM
 本体寸法  100.4 x 69.85 x 7.0 mm
 パッケージ寸法/重量  160x110x20mm/210g
 動作温度  0~55℃
 保証期間  3年
 サポート  RoHS:◯、PSE:対象外、電波法:対象外


B00J034G3A



B00J034G3U



B00IX8PXA8




CFDの製品情報ページ http://www.cfd.co.jp/ssd/s6tnhg6q.html

東芝製SSDを採用したCFDのSSDといえば、「SSD S6TNHG5Q」シリーズが強烈に印象に残っています。
おそらく今回の「SSD S6TNHG6Qシリーズ」は「SSD S6TNHG5Q」の後継モデルだと思われます。
「SSD S6TNHG5Q」は東芝製SSD「HG5d」を採用していました。転送速度的にはあまり変わっていない気がします。
CFDが東芝製の新型SSDを採用した2.5インチSSD「SSD S6TNHG5Q」シリーズ発売!コントローラ/NANDとも東芝刻印 [2013/04/15]


東芝の最新SSD「HG6」が発売、128GBで約1.1万円―(AKIBA PC Hotline!)



関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) 東芝



   

PS4の換装用に2.5インチSSHDが品薄らしい!

PS4が2月22日に発売されましたが、その影響か、容量1TBの2.5インチSSHDが品薄になっているらしいです。
SSHDとはハイブリッドHDDとも呼ばれていて、HDDとSSDの良いところを組み合わせたものです。

該当するモデルは、東芝の「MQ01ABD100H」とSeagateの「ST1000LM014」の2モデルとのこと。
普通のHDDではなく、SSHDが売れているというのがおもしろいです。
次世代機なので速さを求めるユーザーが多いようですね。
SSDにしたいところですが、SSDは容量単価が高いので、なかなか難しそうです。

B00H5D79AE


B00C57SO1I



「全てのHDDの動作を保証するものではない」(ソニー)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20140221_636471.html

とのことなので、注意が必要です。

B00FJ08HQU


B00FJ08HQ0




PS4の換装用?容量1TBの2.5インチSSHDが品薄に―(AKIBA PC Hotline!)



関連タグの記事こちらから→ SSHD 東芝 Seagate



   

OCZが東芝製19nm MLC NANDオリジナルコントローラ搭載のSATA3.0対応2.5インチSSD「Vertex 460」を発表!

OCZが2014年1月22日(現地時間)に、東芝製19nm MLC NANDと同社のオリジナルコントローラIndilinx Barefoot 3 M10を採用した、
SATA3.0対応2.5インチSSD「Vertex 460」を発表しました!
容量ラインナップは120GB「VTX460-25SAT3-120G」、240GB「VTX460-25SAT3-240G」、480GB「VTX460-25SAT3-480G」の3モデルです。

従来製品の「Vertex 450」では20nmプロセスのMLC NANDフラッシュを採用していましたが、
「Vertex 460」では19nmと微細化されています。
コントローラは「Vertex 450」と同じくBarefoot 3 (BF3) M10です。

「Vertex 460」シリーズの特徴とスペック


・同社のオリジナルコントローラIndilinx Barefoot 3 M10と東芝製19nm MLC NANDフラッシュを採用
・対応インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)
・独自フラッシュ管理ツールにより、データの整合性を高め、書き込みを最適化することで、1日あたり20GB書き込み、MTBF200万時間という高い耐久性と信頼性を確保
・消費電力はアイドル時0.6W、アクティブ時2.7W
・動作温度は0~70℃
・耐衝撃性は1,500G/0.5ms。
・フォームファクタは2.5インチ (7ミリ厚)
・サイズはW69.75×D99.7×7mmのスリムタイプで、重量は113g。
・付属品はクローニングアプリ「Acronis True Image」と3.5インチマウンタ

「Vertex 460」シリーズの転送速度

容量 120GB 240GB 480GB
読込速度 530MB/s 540MB/s 545MB/s
書込速度 420MB/s 525MB/s 525MB/s
4KBランダム読込(QD32) 80,000 IOPS 85,000 IOPS 95,000 IOPS
4KBランダム書込(QD32) 90,000 IOPS 90,000 IOPS 90,000 IOPS
ダーティ書込(4K, QD32)  12,000 IOPS 21,000 IOPS 23,000 IOPS


B00J5317CS


B00J531778


B00J5312KU



OCZの製品情報ページ http://ocz.com/consumer/vertex-460-sata-3-ssd

OCZと言えば、同じく東芝製19nmプロセスMLC NAND採用のSSD「Vector 150」シリーズも発表されました。
OCZが東芝製19nmプロセスMLC NAND採用のSSD「Vector 150」シリーズを1月中旬に発売! [2014/01/19]
違いは耐久性と転送速度ですかね。
特にランダム性能は「Vector 150」シリーズの方が優れていますね。

また、OCZは東芝に買収され、「OCZストレージソリューション」として再始動しました!
東芝がOCZテクノロジー社のSSD事業に関する資産譲渡取引完了を発表!今後は「OCZストレージソリューション」として活動 [2014/01/23]


東芝製NANDとオリジナルコントローラ搭載のSATA3.0 SSD、OCZ「Vertex 460」―(エルミタージュ秋葉原)


関連タグの記事こちらから→ SSD OCZ SATA3.0(6Gbps) 東芝 Indilinx



   

東芝がOCZテクノロジー社のSSD事業に関する資産譲渡取引完了を発表!今後は「OCZストレージソリューション」として活動

東芝が2014年01月22日に、OCZテクノロジー社とのSSD事業資産譲渡について、取引を完了したと発表しました!
OCZ社のSSD事業に関する技術開発資産、知的財産、製品、販売網を取得し、
今後は東芝のグループ内に「OCZストレージソリューション」を新会社として設立し、活動するそうです!

東芝が強みを持つNAND型フラッシュメモリの技術と、OCZ社が高い実績のあるリテールやデータセンター用途SSDを組み合わせることで、
SSD事業の競争力を一層強化するとのこと。

詳細は下の東芝のニュースリリースをご覧ください!
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2014_01/pr_j2201.htm?from=RSS_PRESS&uid=20140122-2974

昨日、米国裁判所の承認を取得したことをお伝えしましたが、ついに完了しましたね。
OCZが東芝へのSSD事業資産譲渡について、国裁判所の承認取得を発表! [2014/01/22]

既に、旧OCZのWebサイト上の社名表記やロゴマークも「OCZ Storage Solutions - A Toshiba Group Company」へ変更されています。
http://ocz.com/

代表は旧OCZ CEOのラルフ・シュミット(Ralph Schmitt)氏が就任し、本社も引き続き米カリフォルニア州サンノゼに置かれます。
東芝、OCZ Technologyの資産譲渡取り引きを完了~新会社「OCZストレージソリューション」として再出発―(PC Watch)

B00D2MGH7I


B007IOHX4M



関連タグの記事こちらから→ OCZ 東芝



   

東芝製mSATA SSD「HG5d」のパッケージ版256GBモデル「CSSD-M256HLHG5Q」が発売!

CFD販売が東芝製SSD「HG5d」シリーズのmSATA対応モデルのパッケージ版の容量256GBモデル
「CSSD-M256HLHG5Q」を発売しました!
価格は税込19,800円です。

パッケージ版に関しては既に128GBモデルが発売済みです。
東芝製SSD「HG5d」のmSATA版の3年保証付きのパッケージ版が登場!「CSSD-M128HLHG5Q」 [2013/12/31]
なのでパッケージ版としてはこれで2モデル目ですね。

転送速度はシーケンシャルリード最大511.8MB/sec、ライト最大414.6MB/secです。
128GB版のリード最大507.3MB/s、ライト最大412MB/sより少し速いですね。
バルク版との違いはパッケージ品には3年保証が付くことです。




8月に純正のバルク品が発売済みですが、今回はパッケージ版です。
東芝純正SSD「HG5d」シリーズのmSATA対応モデルが発売! [2013/08/25]


東芝「CSSD-M256HLHG5Q」 東芝製mSATA SSD「HG5d」の256GBにパッケージ版が出現―(ASCII.jp)



関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) 東芝



   

OCZが東芝へのSSD事業資産譲渡について、国裁判所の承認取得を発表!

OCZが2014年1月17日(現地時間)に、兼ねてより交渉を進めていた芝とのSSD事業に関する資産譲渡契約について、
デラウェア地区連邦破産裁判所の承認を取得したことを発表しました!
これにより、今週中にも資産の浄土が完了予定とのことです。

注目なのは今回の発表で、OCZブランドの存続も正式発表された事です。
今後は東芝製NANDフラッシュを採用した製品を積極的に展開予定とのこと。
しかもSSD事業だけでなく、東芝では現在電源ユニット部門の買収計画も進めているそうです。

OCZのニュースリリース http://ir.ocz.com/news/detail/3044/ocz-technology-group-receives-court-approval-to-sell-its-solid-state-drive-assets-to-toshiba

OCZの破産から東芝の買収までの流れについては記事にしていますので、興味のある方は是非チェックしてみてください!
OCZが破産を発表!東芝が資産買収を提案中 [2013/11/28]
東芝がSSD大手の米OCZを約36億円で買収! [2013/12/03]


OCZ、東芝へのSSD事業資産譲渡について、米国裁判所の承認取得を発表―(エルミタージュ秋葉原)


B00D2MGH7I



関連タグの記事こちらから→ OCZ 東芝



   

CorsairがPHISON製コントローラー採用の新型SSD「Force Series LS」シリーズ発売!「CSSD-F120GBLS」「CSSD-F240GBLS」

CorsairがPHISON製コントローラー採用する新型SSD「Force Series LS」シリーズを発売しました!
容量ラインナップは120GB「CSSD-F120GBLS」と240GB「CSSD-F240GBLS」の2モデルです。

Force Series LS」シリーズの特徴


・8ch同時アクセスに対応するPHISONコントローラ「PS3108」と、東芝製19nm MLC Toggle NANDフラッシュを組み合わせたハイパフォーマンスモデル。
・7mm厚のスリムケースを採用
・シーケンシャルアクセスは読込560MB/sec、書込535MB/secのクラス最高レベルのパフォーマンスを実現
・不良領域の発生を抑えるWare leveling、性能低下を抑える「Garbage Collection」、ECCメモリエラー補正機能を搭載
・キャッシュは120GBモデルが256MB、240GBモデルが512MB。
・TRIMコマンドをサポート

「CSSD-F120GBLS」と「CSSD-F240GBLS」のスペック


型番 CSSD-F120GBLS CSSD-F240GBLS
容量 120GB 240GB
フォームファクター 2.5インチ
サイズ W70mm×D7mm×H100mm
重量 約57g 約60g
インターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)
SATA 3Gb/s
SATA 1.5Gb/s
コントローラIC PHISON PS3108
フラッシュ規格 TOSHIBA MLC NAND
キャッシュ 256MB 512MB
データ転送速度(SATA 6Gb/s) 最大読み込み:560MB/秒
最大書き込み:535MB/秒
NANDマネジメント機能 Wear leveling、Garbage Collection、
ECCメモリエラー補正
サポート機能 TRIMコマンド、S.M.A.R.T.
動作環境温度 0℃~70℃
電圧 5V ±5%
消費電力 動作時:4.6W
待機時:0.6W
耐衝撃性 40G
MTBF 1,000,000時間


B00EENTYFQ



B00EENW2C8





CORSAIR「CSSD-F120GBLS」、「CSSD-F240GBLS」最高速スペックを誇るCORSAIRの新型SSD「Force Series LS」―(ASCII.jp)



関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) Corsair 東芝



   

OCZが東芝製19nmプロセスMLC NAND採用のSSD「Vector 150」シリーズを1月中旬に発売!

OCZの代理店アスクがIndilinx社製 Barefoot 3コントローラと19nmプロセスの東芝製MLC NANDを採用する
2.5インチSSD「OCZ Vector 150」シリーズを1月中旬に発売します!
容量ラインナップは120GB「VTR150-25SAT3-120G」、240GB「VTR150-25SAT3-240G」、480GB「VTR150-25SAT3-480G」の3種類です。

コントローラはIndilinx製 Barefoot 3 M00


IndilinxとPLX Technologyチームが中心となって開発したSSDコントローラ「Barefoot 3 M00」を搭載。
さらに自社開発のファームウェアが採用されていて、長時間使用の場合でも高いパフォーマンスを実現するとのこと。
AES-256暗号化技術に対応していて、信頼性も向上しているとのこと。

19nmプロセスの東芝製MLC NANDを採用


独自のNANDマネジメントにより、従来モデルよりも高い耐久性を実現しているとのこと。
約5年間使用し続けた場合の耐久性の目安は50GB/日で、従来製品よりも2.5倍の高い耐久性を誇るとのこと。

厚さ7mmの薄型モデル


Ultrabookなど、薄型や軽量なモバイルPCへ最適。

インターフェイスはSATAⅢ 6.0Gb/s


3.5インチ変換アダプタ、環境移行ソフト用ライセンスキーが同封


デスクトップPCへの取り付けに便利な3.5インチ変換アダプタが同梱されています。
さらにSSD換装に役立つ環境移行ソフト「Acronis True Image」用のライセンスキーも同梱されています。

OCZ Vector 150シリーズの転送速度

型番 VTR150-25SAT3-120G VTR150-25SAT3-240G VTR150-25SAT3-480G
容量 120GB 240GB 480GB
読込速度 550MB/s 550MB/s 550MB/s
書込速度 450MB/s 530MB/s 530MB/s
4KBランダム読込 80,000 IOPS 90,000 IOPS 100,000 IOPS
4KBランダム書込 95,000 IOPS 95,000 IOPS 95,000 IOPS
ダーティ書込 12,000 IOPS 21,000 IOPS 26,000 IOPS


OCZ Vector 150シリーズのスペック


「OCZ Vector 150」シリーズ

アスクのニュースリリースと製品情報ページ
http://www.ask-corp.jp/news/2014/01/ocz-vector150.html
http://www.ask-corp.jp/products/ocz/2-5inch-sata3-ssd/vector150.html

OCZと言えば、去年破産が発表され、どうなるんだろうと心配しましたが、東芝が買収しましたね。
このようにOCZブランドとしてSSDも発売されるので、OCZファンも安心ですね。
OCZが破産を発表!東芝が資産買収を提案中 [2013/11/28]
東芝がSSD大手の米OCZを約36億円で買収! [2013/12/03]



関連タグの記事こちらから→ SSD OCZ SATA3.0(6Gbps) 東芝 Indilinx



   

東芝製SSD「HG5d」のmSATA版の3年保証付きのパッケージ版が登場!「CSSD-M128HLHG5Q」

CFD販売が東芝製SSD「HG5d」シリーズのmSATA対応モデルのパッケージ版「CSSD-M128HLHG5Q」を発売しました!
価格は10,980円です。

8月に純正のバルク品が発売済みですが、今回はパッケージ版です。
東芝純正SSD「HG5d」シリーズのmSATA対応モデルが発売! [2013/08/25]
東芝「HG5d」シリーズのmSATA SSDリテールパッケージ品は今回が初めてとのこと。

登場したのは容量128GBの「THNSNH128GMCT」を採用した製品と思われるパッケージ版「CSSD-M128HLHG5Q」

パッケージ記載の転送速度は、リード最大507.3MB/s、ライト最大412MB/s。
※バルク版の転送速度はシーケンシャルリードが534MB/s、シーケンシャルライトが471MB/sでした。

バルク版との違いはパッケージ品には3年保証が付くことです。

回登場したのは128GBモデルですが、、一部ショップの価格表には256GBモデル「CSSD-M256HLHG5Q」もラインナップされています。



東芝「HG5d」のmSATA版がCFDから発売に! パッケージ品、3年保証付き―(アキバ総研)
東芝「CSSD-M128HLHG5Q」 東芝製SSD「HG5d」のmSATA対応モデルに3年保証付きのパッケージ版が登場―(ASCII.jp)


関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) 東芝



   

CorsairがPHISON製コントローラ搭載の6Gbps対応SSD「Force Series LS」シリーズを12月19日に発売!

Corsairの国内正規代理店リンクスがPHISON製コントローラ「PS3108」搭載のSATA3.0(6Gbps)対応SSD
「Force Series LS」シリーズを12月19日に発売します!
容量ラインナップは120GB「CSSD-F120GBLS」と240GB「CSSD-F240GBLS」の2モデルで、
価格は「CSSD-F120GBLS」が1万1800円前後、「CSSD-F240GBLS」が2万800円前後

・8ch同時アクセスに対応するPHISONコントローラ「PS3108」と、東芝製19nm MLC Toggle NANDフラッシュを組み合わせたハイパフォーマンスモデル。
・7mm厚のスリムケースを採用
・シーケンシャルアクセスは読込560MB/sec、書込535MB/secのクラス最高レベルのパフォーマンスを実現
・不良領域の発生を抑えるWare leveling、性能低下を抑える「Garbage Collection」、ECCメモリエラー補正機能を搭載
・キャッシュは120GBモデルが256MB、240GBモデルが512MB。
・MTBFは100万時間。
・製品保証は3年間。
・本体サイズは70×100×7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約60g。
・TRIMコマンドをサポート
・消費電力は待機時0.6W、動作時4.6W

Corsairの製品情報ページ
http://www.links.co.jp/item/cssd-f120gbls/
http://www.links.co.jp/item/cssd-f240gbls/

B00EENTYFQ


B00EENW2C8



PHISON「PS3108」と東芝製MLC NAND採用のSATA3.0対応SSD、CORSAIR「Force Series LS」―(エルミタージュ秋葉原)
Corsair、PHISON製コントローラ搭載の6Gbps対応SSD―(PC Watch)
Corsair、リード最大560Mバイト/秒の2.5インチSSD“Force LS”―(ITmedia PC USER)


関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) Corsair 東芝



   

東芝純正SSDの海外パッケージに高速化した最新モデル「Q Series Pro」が登場!「HDTS312XZSTA」「HDTS325XZSTA」「HDTS351XZSTA」

海外パッケージ版東芝純正SSDの新モデル「Q Series Pro」が発売されました!
容量ラインナップと価格は、128GBモデル「HDTS312XZSTA」10,980円、256GBモデル「HDTS325XZSTA」19,800円
512GBモデル「HDTS351XZSTA」39,800円です。

ショップによると、「10ヶ月保証」とのこと。
販売ショップはBUY MORE秋葉原本店です。

海外版の東芝純正SSDは以前「Q Series」が登場済みですが、
東芝製SSD「HG5d」シリーズの海外パッケージ版に容量512GBモデル「HDTS225XZSTA」が追加! [2013/10/26]
今回登場したのは「Q Series」から、ボディを薄型化し、転送速度を向上した、スペックアップ版のようなモデルとのこと。

従来モデルからの変更点は以下の通りです。
・ボディは9.5mm厚から7mm厚に薄型化。
・転送速度は、リード552MB/sから554MB/sに、ライトは501MB/sから512MB/sにアップ
・128GBモデルについては、重量が53g→49gと軽量化

スペックは以下の通りです。
・搭載コントローラーは不明ですが、NANDフラッシュには第2世代の東芝製19nm MLCを採用
・付属品は9.5mm厚用スペーサーなど。

現在通販では取り扱いがありませんが、登場しだいお伝えしたいです!発売開始されました!

関連タグの記事こちらから→ SSD SATA3.0(6Gbps) 東芝



   

東芝が書込耐性880TBWのエンタープライズ向けSATA3.0対応SSD「HK3R」シリーズ発表!12月末にサンプル出荷

東芝が2013年12月10日に、読み出し向けSATA3.0(6Gbps)対応エンタープライズSSD「HK3R」シリーズを発表しました!
容量ラインナップは120GB/240GB/480GBの3種類で、いずれも7mm厚の2.5インチモデル。
12月末よりサンプル出荷が開始されるとのこと。

1日あたりのデータ書き換え容量上限(DWPD)がドライブの容量と同等の耐久性を実現し、
総書き換え容量は480GBモデルが880TB、240GBモデルが440TB、120GBモデルが220TB。
平均故障間隔は200万時間、サービスライフは5年間。
サイズはW69.85×L100.45×H7.0mm、重量最大60g。

採用NANDは19nmのMLC。
転送速度はシーケンシャルリードが500MB/sec、シーケンシャルリードライトが400MB/sec(120GBモデルは280MB/sec)、
4Kランダムリードが75,000IOPS、4Kランダムライトが12,000IOPS(120GBモデルは10,000IOPS)。

東芝のニュースリリースと製品情報ページ
http://www.semicon.toshiba.co.jp/profile/news/newsrelease/storage/topics_131210_j_1.html
http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/storage/built-in/enterprise_ssd/HK3R.html

項目 THNSNJ480PCS3 THNSNJ240PCS3 THNSNJ120PCS3
基本仕様
インタフェース仕様 SATA-3.0 (6.0Gbit/s, 3.0Gbit/s, 1.5Gbit/s)
NANDプロセス 19nm MLC
フォーマット容量 480GB 240GB 120GB
論理データブロック長 512Byte only
Sustained 64KiB シーケンシャルリード 500 MiB/s
Sustained 64KiBシーケンシャルライト 400 MiB/s 280 MiB/s
Sustained 4KiB ランダムリード 75,000 IOPS
Sustained 4KiBランダムライト 12,000 IOPS 10,000 IOPS
信頼性
平均故障間隔 (MTTF) 2,000,000 hours
動作条件 24 hours/day, 7days/week
サービスライフ 5年
TBW *1 880 TB 440 TB 220 TB
電源電圧
電源範囲 5 V ± 5%
消費電力
消費電力 1.0 W Typ.
レディ状態(Idle A)
電力消費効率 (ランダム読み出し/W) 75,000 IOPS/W
寸法
高さ 7.0 mm
+0, -0.5 mm
69.85 ± 0.25 mm
長さ 100.45 mm Max.
重量 60 g Max.
環境周囲温度
動作 0 to 55°C
非動作 -40 to 70°C
振動衝撃特性
耐振動性 (動作時) 21.27 m/s2 {2.17Grms} (5 to 800Hz)
耐振動性 (非動作時) 159.74 m/s2 {16.3Grms} (20 to 2000Hz)
耐衝撃性 (動作時) 9,800 m/s2 {1,000G} / 0.5 ms duration
耐衝撃性 (非動作時) 9,800 m/s2 {1,000G} / 0.5 ms duration
暗号化機能
SED NO
Sanitaize Option
その他
Power Loss Protection YES


書込耐性880TBWのエンタープライズ向けSATA3.0対応SSD、東芝「HK3R」シリーズ―(エルミタージュ秋葉原)
東芝、SATA採用のエンタープライズ向け高耐久SSD―(PC Watch)


関連タグの記事こちらから→ SSD 東芝 SATA3.0(6Gbps)



   

東芝がSSD大手の米OCZを約36億円で買収!

東芝がOCZ TechnologyのSSD事業資産に関する譲渡契約を米国時間12月2日付けで締結したと発表しました!
両社の発表によると、買収額は3,500万ドルで、本日の為替レートでは日本円で約36億円。
本件買収が成立した場合、OCZ社のSSD事業における技術開発資産、知的財産、製品、販売網をすべて東芝が取得することになります。
SSD事業の強化が狙いで、OCZの技術開発、知的財産、販売網などによりさらなる事業拡大を見込む。
OCZ、東芝とのSSD事業に関する資産譲渡契約締結を発表―(エルミタージュ秋葉原)
東芝、SSD大手の米OCZを約36億円で買収 - PCやデータセンタのSSD事業強化へ―(マイナビニュース)
東芝、OCZのSSD事業資産譲渡契約を締結―(PC Watch)


先日破産した際に、既に東芝から買収の提案済みでしたので、予定通りですね。
OCZが破産を発表!東芝が資産買収を提案中 [2013/11/28]

B00D2MGH96


B00D2MGH7I



関連タグの記事こちらから→ OCZ 東芝



   

OCZが破産を発表!東芝が資産買収を提案中

SSDメーカーのOCZ Technology Groupが2013年11月27日(現地時間)に、
11月25日より同社の銀行口座が債権者であるHercules Technology Growth Capitalから凍結されたことを発表しました!
破産申請を行う見通しであるとのこと。

また、東芝から、OCZ全資産の買収の提案があったことも発表しました。
すでに資産売却に関する交渉は「概ね完了した」とのこと。
Herculesおよび東芝との協議が済み次第、速やかに破産の手続きを行なうとのこと。

OCZは独自コントローラ採用の「Vector」シリーズなどで知られる2002年創業のSSDメーカーですが、
コンシューマ向けの2.5型SSDなどが日本国内のDIYパソコン市場でも一定の存在感を示していました!
ただ、5年にわたって赤字が続いており、直近の6~8月期の純損失は2億6000万ドルでした。

OCZのニュースリリース http://ir.ocz.com/news/detail/3004/ocz-filing-for-bankruptcy-announces-offer-from-toshiba-to-purchase-assets

OCZのSSDと言えば、「Vertex」シリーズなど人気のSSDが多く登場しました。
破産ということですが、今後OCZブランドのSSDは登場するのでしょうか。

東芝、破産申請するSSDメーカーOCZの資産買収を申し入れ―(ITmedia)
OCZが破産。東芝が資産買収を提案―(PC Watch)
東芝、SSDメーカー大手の米OCZに資産買収を提案 - OCZは破産申請を提出へ―(マイナビニュース)
SSD大手メーカーOCZが破産を発表。東芝が全資産の買収を提案中―(エルミタージュ秋葉原)

B00D2MGH96


B00D2MGH7I



関連タグの記事こちらから→ OCZ 東芝



   
スポンサードリンク
ブログ内検索
タグクラウドとサーチ

東芝
セール情報 Apple 雑記 Celeron ZOTAC ファンレス CPUクーラー AM1 トップフロー Thermaltake CRYORIG サイドフロー型 スペック情報 Intel 予価 CPU Xeon Haswell-EP 特価情報 AM3+ レビュー情報 AMD BRIX BayTrail-M NUC ベアボーンキット GIGABYTE Samsung Seagate SATA3.0(6Gbps) HDD Transcend DDR4 G.SKILL Crucial ADATA Avexir メモリ SanMax Corsair SSD M.2 Marvell PLEXTOR CoolerMaster LGA2011v3 キャンペーン情報 価格調査情報 Haswell-E X99 マザーボード ASUS イベント情報 ASRock Kaveri AMD-Aシリーズ APU R9-285 ビデオカード RadeonR9 VolcanicIslands Radeon A-DATA MSI MicroATX ATX Windows OS Windows9 Microsoft レノボ ランキング情報 RadeonR7 R7-250XE タブレット Surface Acer OC (キーボード) (マウス) (WesternDigital) (SSD) (HDD) (Seagate) (バッファロー) (アイ・オー・データ) (東芝) (Intel) 液晶 (AMD) (GeForce) (Radeon) ノートPC デスクトップPC Windows8 Kingston 玄人志向 GALAXY GT720 NVIDIA Palit GeForce Kepler Mini-ITXケース PCケース キューブケース 電源 80PLUS-PLATINUM LGA1150 Intel9シリーズ Z97 週間レポート情報 サイズ ATXケース HPTXケース XL-ATXケース E-ATXケース Nanoxia MicroATXケース 東芝 SanDisk H97 スリムケース ケースファン ECS Shuttle LGA2011-v3 Maxwell GTX750 GTX700シリーズ GTX750Ti Quadro WesternDigital 価格改定 HaswellRefresh Pentium NEC SSHD ハイブリッドHDD Akasa NUCケース ファンレスケース (Haswell) R9-280 GK110 GTX780 SilverStone SFX 80PLUS-GOLD InWin bequiet! NZXT 簡易水冷 デスクトップBTO (GTXTitanZ) GTX870 GTX880 GTX860 富士通 ASUSTOR Devil’sCanyon OCZ NASキット QNAP エアリア XIGMATEK Aavid フルタワーケース GTX780Ti Thin-Mini-ITX Giada ACアダプタ駆動 BayTrail-D RAIJINTEK ミドルタワーケース FractalDesign GT730 GPU GT740 Inno3D ロープロ GTX760 GK104 3Dプリンタ EVGA G.Skill EIZO ZALMAN SAPPHIRE R9-290X ELSA Intel8シリーズ Mini-ITX 80PLUS-Titanium Micron REEVEN PCIe接続 CST Piledriver Vishera FXシリーズ R9-270X Hawaii デュアルGPU R9-295X2 XFX Vesuvius Huawei GTXTitanZ Google 電源搭載PCケース BitFenix COMPUTEX Dell LG PHILIPS Richland LianLi SATAExpress JTT REGIA (Celeron) Atom E-ATX センチュリー Creative HTPCケース Phanteks SSI-EEBケース 海外サイト情報 画像 海外サイト ベンチ情報 CPUオンボード Supermicro FlexATX (HaswellRefresh) (H97) (Quadro) (ASUS) (Corsair) (GTX780Ti) (Z97) (ZOTAC) (GTX760) (GTX750) (GTX750Ti) (B85) (GTX650) (GTX660) アイ・オー・データ ラインナップ サイドフロー (GTXTitanBlack) (Z87) (X79) (IvyBridge-E) FM2+ A58 FS1b BTXケース (R9-295X2) (ENERMAX) (ASRock) (PLEXTOR) (Phanteks) kabini M-ATX キャンペーン上宇 Pascal ソニー (Xeon) (K6000) (Seasonic) (AMD-990FX) (FXシリーズ) (InWin) ファンコン R7-240 R7-250 R7-250X FirePro エーキューブ R7-260 APUオンボード Kabini キーボード BIOSTAR Chromebook (簡易水冷) (CoolerMaster) HIS iiyama (GTX770) フェイス KYESYSTEM (H81) (R9-M265X) Antec モバイル液晶 GeChic (GTX860M) AMD-990FX B85 A78 A88X A50M (AM1) (Socket版Kabini) (Asetek) H81 AVerMedia キャプチャユニット mSATA (Sharkoon) SoC Athlon Jaguar Socket版Kabini (Crucial) (Kaveri) (R9-280X) ストーム (A88X) (Q87) (Windows8.1) Asetek Sempron Seasonic Arctic VGAクーラー ゲーミング液晶 月間人気記事 SSICEBケース Indilinx バッファロー Haswell Z87 Broadwell LGA2011-3 Wellsburg Thermalright R7-265 H87 SandyBridge-E ベイパーチャンバー 海外ベンチ プレゼント情報 SandForce ファームウェア Thunderbolt Q87 JMicron GTXTitanBlack (Maxwell) (H87) (AcBel) IvyBridge-EX HGST SAS2.0(6Gbps) GeForce800シリーズ 恵安 ミニタワーケース R9-290 R7-260X (MSI) (APU) (SilverStone) (Bitfenix) (AMD-Aシリーズ) マウス IvyBridge-EN DSP IvyBridge Aerocool HDDケース MARSHAL USB3.0 Pioneer NANOXIA SiliconPower DEEPCOOL Amazon R9-280X R9-270 (SLI)I (GTXTitan) (HGST) GT640 GK208 ENERMAX Thin-Mini-ITXケース ASKTECH LSI SAS アルミケース アースソフト Soc Avoton キャンペーン 三菱 アイ・オー・データ機器 A75 X79 LGA2011 IDE Hynix AIO MadCatz 8 (R9-290X) GTX770 アイネックス NM70 Futuremark Ultrabook Intel530 キャンペーン期間 GT630 Club3D GTX660 GTX650Ti GTXTitan GTXTitanUltra GK106 A55 (R7-260X) GTX770Ti ロジクール DHARMAPOINT MS R7-270 CuracaoPro GMC eSATA WindowsRT GAINWARD GK107 GTX650 Leadtek PirateIslands ASUSS (SLI) ()ASUS (ZALMAN) (GIGABYTE) (GTX780) ナナオ IvyBridge-EP IvyBridge-E HawaiiXT HawaiiPro (Vishera) (HD8990)

最新オススメパーツ!
Haswell-E発売開始!


Haswell-E対応X99搭載マザーボード発売!
○TSUKUMO 新チップセット X99搭載マザーボード一覧!
Surface Pro 3発売開始!


Devil's Canyon発売開始!


Haswell Refresh発売!
○TSUKUMO Haswell Refreshこと第4世代 インテル Core i シリーズ一覧!
Z97/H97搭載マザーボード発売!
○TSUKUMO Z97チップセット搭載マザー一覧!
○TSUKUMO H97チップセット搭載マザー一覧!
Core i7-4790 Core i7-4790S
Core i5-4690 Core i5-4690S
Core i5-4590 Core i5-4590S
Core i5-4570 Core i5-4570S
Core i5-4460 Core i3-4360
Core i3-4350 Core i3-4150
Pentium G3450 Pentium G3440
Pentium G3240 Celeron G1850 Celeron G1840
NVIDIA製ビデオカード
GeForce GTX TITAN Black搭載カード一覧!
GeForce GTX 780 Ti搭載カード一覧!
GeForce GTX 780搭載カード一覧!
GeForce GTX 770搭載カード一覧!
GeForce GTX 760搭載カード一覧!
GeForce GTX 750 Ti搭載カード一覧!
GeForce GTX 750搭載カード一覧!

AMD製ビデオカード
Radeon R9 290X搭載カード一覧!
Radeon R9 290搭載カード一覧!
Radeon R9 280X搭載カード一覧!
Radeon R9 280搭載カード一覧!
Radeon R9 270X搭載カード一覧!
Radeon R9 270搭載カード一覧!
Radeon R7 265搭載カード一覧!
Radeon R7 260X搭載カード一覧!

Intel製CPU
インテル第4世代Coreプロセッサ(Haswell)
インテル第4世代Coreプロセッサ対応マザーボード
Z87搭載マザーボード H87搭載マザーボード
B85搭載マザーボード H81搭載マザーボード
Intel CPU Core i7 4770K ¥ 37,860
Intel CPU Core i7 4771 ¥ 37,800
Core i7-4770K&GTX780 Ti搭載デスクトップBTOはこちら!

Ivy Bridge-EことLGA2011対応新CPUはこちら!
LGA2011対応マザーボードはこちら!
Intel Core i7-4960X ¥113,378
Core i7-4960X&GTX780 Ti搭載デスクトップBTOはこちら!

AMD製CPU
AMD FXシリーズはこちら!
Socket AM3+対応マザーボードはこちら!
AMD CPU FXシリーズ FX-9370 ¥ 25,448

KaveriことAMD Aシリーズはこちら!
Socket FM2+対応マザーボードはこちら!
AMD A10 7850K ¥ 22,243

最新SSD
PLEXTOR M6シリーズ
PLEXTOR PX-256M6S ¥ 21,480
PLEXTOR PX-128M6S ¥ 12,480
PLEXTOR PX-256M6M ¥ 23,980
PLEXTOR PX-128M6M ¥ 12,980

Crucial M550シリーズ
crucial M550 CT1024M550SSD1 ¥ 61,026
Crucial M550 CT512M550SSD1 ¥ 38,664
Crucial M550 CT128M550SSD1 ¥ 11,611

CFD S6TNHG6Qシリーズ
CSSD-S6T512NHG6Q ¥ 38,190
CSSD-S6T256NHG6Q ¥ 21,980
CSSD-S6T128NHG6Q ¥ 12,480

OCZ Vertex 460シリーズ
OCZ VTX460-25SAT3-480G ¥ 44,739
OCZ VTX460-25SAT3-240G ¥ 26,180
OCZ VTX460-25SAT3-120G ¥ 14,610
バリューコマース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。