PCパーツ関連の戯言
PCパーツのレビューやPCパーツの最新情報、自作PCに関する情報、PC関連のレビュアー募集やプレゼント企画などを紹介します!    

カテゴリー  [ その他【CPU】 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連タグの記事こちらから→



   

ARMが新CPUコア「Cortex-A12」とGPUコア「Mali-T622」などを発表!

ARMがCOMPUTEX TAIPEI 2013開催前日の6月3日、記者説明会を行い、
新しいCPUコア「Cortex-A12」と,GPUコア「Mali-T622」、ARM初のビデオ処理専用プロセッサ「Mail-V500」と、
これらの製造に用いる28nm世代のPOP IPを発表したそうです!
[COMPUTEX]ARM,新CPUコア「Cortex-A12」とGPUコア「Mali-T622」などを発表。200~350ドル台の低価格スマートフォンを狙う―(4Gamer.net)
ARM、“ベストセラー”を置き換えるミドルレンジプロセッサ「Cortex-A12」発表―(エルミタージュ秋葉原)
★「Cortex-A12」
スマートフォンやタブレットに多く採用されている「Cortex-A9」を置き換える存在として2014年以降に登場。
・「Cortex-A9」をベースに動作クロックや電力効率を大きく向上、
 現行のA9比で40%以上のパフォーマンスアップを実現
・更新されたハイエンド向け「Cortex-A15」およびローエンド「Cortex-A7」との互換性も確保され、
 「Cortex-A7」を組み合わせたbig.LITTLE構成もサポート

★「Mali-T622」
Mali-T600シリーズは「Midgard」という開発コードネームで知られている。
製品は大別して第1世代と第2世代の2種類が存在。
Mali-T622は第2世代のエントリ向けという位置づけ。
第1世代と第2世代の主な違いは発表時期や対応するプロセス、および若干の改良程度。

★「Mail-V500」
ビデオのエンコード/デコード処理専門のプロセッサ。
ARMがビデオプロセッサそのものを発表するのは、今回が初めてで、Mali-V500は「Mali Video」シリーズ初の製品。

詳細は上のリンク先をご覧ください。

スポンサーサイト

関連タグの記事こちらから→ ARM



   

ARMが28nm HPMや16nm FinFETで製造されるCortex-A50用のPOP IPを発表!

ARMがTSMC 28HPMプロセス・テクノロジーでARMv8アーキテクチャ・ベースのCortex-A57、
Cortex-A53プロセッサを実装するためのPOP IP製品、およびTSMC 16nm FinFETプロセス・テクノロジーに対応する
POP IPのロードマップを発表したそうです!
ARM,28nm HPMや16nm FinFETで製造されるCortex-A50用のPOP IPを発表―(4Gamer.net)
詳細は上のリンク先をご覧ください。


関連タグの記事こちらから→ ARM



   

ARMとTSMCが16nm FinFET製造で初の「Cortex-A57」をテープアウト!

TSMCとARMが4月2日、FinFET(3Dトランジスタ)プロセスで初となるCortex-A57プロセッサを
テープアウト(設計完了)したことを発表したそうです!
TSMCの16nm FinFETプロセスで製造されるとのこと。
TSMCとARM、16nm FinFET製造で初のCortex-A57をテープアウト―(PC Watch)
ARMとTSMC,16nm FinFET採用の「Cortex-A57」プロセッサをテープアウト―(4Gamer.net)
Cortex-A57は、Cortex-A15を拡張したハイパフォーマンスの64bit ARMプロセッサコア。
AMDやSamsung、STMicroelectronics、Broadcomなどがライセンスを受けているとのこと。

16nm FinFETでの製造は、64bitのARMv8プロセッサの最適化に取り組んできた両社の最初の成果で約6カ月で実現したそうです。


関連タグの記事こちらから→



   

NVIDIA「Tegra 4/4i」の詳細レポート情報!

NVIDIAが次世代のモバイルSoC(System on a Chip)「Tegra 4/4i」の詳細を、スペイン・バルセロナで
2月25日(現地時間)から開催される「Mobile World Congress(MWC) 2013」に合わせて発表したそうで、
PC Watchさんがレポートされているのでご紹介します!
NVIDIAがMWCに合わせて「Tegra 4/4i」の詳細を明らかに ―(PC Watch)
NVIDIA、Tegra 4は競合より高速で低消費電力とアピール ―(PC Watch)
スペックがチェックされたり、動画のデコード、エンコード機能、消費電力がチェックされています。
さらにスライドと共に解説されています。

気になる方は是非上のリンク先よりチェックしてみてください!


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA Tegra4



   

NVIDIAがLTEモデムを内蔵した「Tegra 4i」を発表

NVIDIAが2013年2月19日(現地時間)、4G LTEモデム機能を統合したモバイル向けSoC(System on Chip)
「Tegra 4i」を発表したそうです!
Tegraシリーズとしては初のモデム内蔵SoCであり、スマートフォンへの採用に適した製品とのこと。
CPUコアはCortex-A9? NVIDIA,LTEモデムを内蔵した「Tegra 4i」を発表―(4Gamer.net)
NVIDIA、モデム統合型SoC「Tegra 4i」をOEMメーカーへ提供開始
~主流のスマートフォンに搭載され、年末に搭載製品登場へ―(PC Watch)

Tegra 4iはGrey(グレイ)の開発コードネームを持つ、プロセッサとLTE/3Gモデムを統合したARM SoC。

Tegra 4とTegra 4iの最大の違いは3つあるそうで、以下の通りです。
・モデムの有無。Tegra 4iでは「i500」と呼ばれるモデムチップを統合
・Tegra 4ではARMのCortex-A15を採用したクアッドコアCPUですが、
 Tegra 4iでは「Cortex-A9 R4」と呼ばれるCortex-A9の改良版デザインのクアッドコアCPUを採用
・GPUのアーキテクチャに関しては、Tegra 4と同じデザインとなっているが、GPUコアの数は減らされている。
 Tegra 4では72コアとなっているが、Tegra 4iに関しては60コアに

詳細は上のリンク先をご覧ください。


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA Soc



   

NVIDIAの「Tegra 4」についてのレポート情報!

NVIDIAの発表した次期モバイルSoC(System on a Chip)「Tegra 4」について
PC Watchさんが解説されているのでご紹介します!
NVIDIAのゲームマシン「SHIELD」の心臓部となる「Tegra 4」の正体―(PC Watch)
・プロセス技術はTegra 3のTSMC 40nm LPGプロセスから、TSMC 28nmプロセス(28nm HPLと見られる)へと微細化
・CPUコアはCortex-A9からCortex-A15に代わり、現時点ではクアッドコアCortex-A15のトップランナー
・ローパワー最適化されたCortex-A15も1コア載せており、負荷に応じて切り替える「4+1」構成
・GPUコアのアーキテクチャは、Tegra 2以来続いているGeForce 7(G70)系の拡張版がTegra 4でも継続
・メモリインターフェイスについてはTegra 4では、x64(デュアルチャネル)のインターフェイスとなり、
 LPDDR3のサポートが加わることで、待機電力を妥協することなく12.8GB/sec以上のメモリ帯域を確保

詳細については上のリンク先をご覧ください。


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA Tegra4



   

Qualcommが4Kビデオ対応の次期SoC「Snapdragon 800」発表!2013年半ばに搭載端末

Qualcommが1月7日(現地時間)、現行のモバイルSoC「Snapdragon S4」の後継に当たる新SoC「Snapdragon 800」
および「Snapdragon 600」を発表したそうです!
Qualcomm、4Kビデオ対応の次期SoC「Snapdragon 800」発表 2013年半ばに搭載端末―(ITmedia)
★「Snapdragon 800」
・クアッドコアのKrait 400(1コア当たり最大2.3GHz)とAdreno 330、800MHzのLPDDR3を搭載し、
 S4より75%性能が向上しているという。
・PUの性能は現行のAdreno 320の2倍
・台湾TSMCの28ナノメートルHPm(High Performance for mobile)の採用で省電力を図った。
・LTEのカテゴリー4をサポートするモデムが統合
・Wi-Fiは最新のIEEE 802.11acをサポート
・フルHD(1920×1080)の4倍の、いわゆる4K動画の撮影・再生に対応
・Snapdragon 800採用のハードウェアは、2013年半ばに登場する見込み。

★「Snapdragon 600」
・Snapdragon 800より低スペックのSnapdragon 600搭載端末は第2四半期に登場
・1.9GHzのクアッドコアKrait 300とAdreno 320を搭載し、LPDDR3をサポート


関連タグの記事こちらから→ Soc



   

NVIDIAがクアッドCortex-A15+72 GPUのモバイルSoC「Tegra 4」を正式発表!Tegra 4搭載のAndroidゲーム機「SHIELD」も公開!

NVIDIAが北米時間2013年1月7日、2013 International CESに先だって報道関係者向け説明会を開催し、
その場でモバイル向けSoC(System-on-a-Chip)の新製品「Tegra 4」を発表したそうです!
ARMの「Cortex-A15」CPUコアを4基搭載する4-PLUS-1仕様で、72基のGPUコアが組み合わされるとのこと。
NVIDIA,クアッドCortex-A15+72 GPUの「Tegra 4」を正式発表。Tegra 4搭載のAndroidゲーム機「SHIELD」も公開―(4Gamer.net)
NVIDIA、4コアモバイルSoC「Tegra 4」発表 LTEもサポート―(ITmedia)
GPUパワーはTegra 3の6倍で、Webブラウジング速度は2.6倍とのこと。
オプションの第5世代NVIDIA Icera i500プロセッサにより、LTEの音声およびデータをサポート。
新技術「Computational Photography Architecture」で画像・動画の自動HDR(ハイダイナミックレンジ)合成を
サポート。
エネルギー効率も向上しており、消費エネルギーはTegra 3より45%少なく、
モバイル端末での高精細動画の再生を最長14時間可能にするそうです。

さらにTegra 4搭載の「ピュアAndroid」なモバイルゲーム機「Project SHIELD」の存在も公表したそうです。
発表時点において具体的な製品展開計画はなく、あくまでも「計画」とのこと。

4Gamer.netさんでは写真と画像と共にレポートされているので、
気になる方は是非上のリンク先よりチェックしてみてください!


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA Tegra4



   

ARMの64bit対応のプロセッサIPコア「Cortex-A50シリーズ」解説レポート情報!

ARMの日本法人であるアームが12月5日、64bitに対応したARMプロセッサコア「Cortex-A50」シリーズについての
都内で記者会見を開催したそうです!
記者会見では、英国本社から来日したプロセッサ部門組み込みプロセッサ担当バイスプレジデントの
Keith Clarke(キース・クラーク)氏が、Cortex-A50シリーズに関する概要と、今後の展望について説明したそうです。
その様子を4Gamer.netさんとPC Watchさんががレポートされているのでご紹介します!
ARM,64bit対応のプロセッサIPコア「Cortex-A50」を解説。big.LITTLEで性能と低消費電力性の両方を引き上げる―(4Gamer.net)
ARM、64bit対応Cortex-A50シリーズを解説~ノートPCとサーバーへの採用を目論むbig.LITTLE構造 ―(PC Watch)
スライド画像と共に詳しく解説がレポートされています。

気になる方は是非上のリンク先よりチェックしてみてください!

○ドスパラ IvyBridgeこと第3世代 インテル Core i シリーズ一覧!

○TSUKUMO IvyBridgeこと第3世代 インテル Core i シリーズ一覧!

○TSUKUMO IvyBridgeとセットでお買い得な組み合わせ一覧!

○ドスパラ AMD CPU FXシリーズ一覧! ○TSUKUMO AMD CPU FXシリーズ一覧!

○ドスパラ AMD APU Aシリーズ一覧! ○TSUKUMO AMD APU Aシリーズ一覧!


関連タグの記事こちらから→ ARM



   

ARMが64bit対応の新世代プロセッサIPコア「Cortex-A50」シリーズを発表!CPU性能は現行のスマートフォン比で最大3倍に

ARMが英国時間2012年10月30日、新世代命令セットアーキテクチャ「ARMv8」に基づくプロセッサIPコアシリーズ
「Cortex-A50」を発表したそうです!
現行の「ARMv7」世代は32bit対応に留まるところ、
ARMv8採用のCortex-A50シリーズでは、32bitに加え、64bitにも対応するのが大きな特徴だそうです。
ARM,64bit対応の新世代プロセッサIPコア「Cortex-A50」シリーズを発表。CPU性能は現行のスマートフォン比で最大3倍に―(4Gamer.net)
今回発表されたのはARMの「big.LITTLE」戦略に基づく「Cortex-A57」と「Cortex-A53」の2製品。
「big」を受け持つCortex-A57は2Xnmプロセス技術を用いて製造され、最大16コア構成が可能なプロセッサIPコアで、
32bitモードにおける性能は、「Superphone」(スーパーフォン)と呼ばれるハイエンドスマートフォンの
2012年モデルと比べて最大3倍に達するそうです。

「LITTLE」担当のCortex-A53は、20あるいは32nmプロセス技術で製造され、1~4コア構成が可能なプロセッサIPコア。
現行製品であるCortex-A9と同等の32bit性能を、同一のプロセス技術で比較したときに
Cortex-A9より40%小さなサイズで実現できるというのが特徴。

詳しくは上のリンク先をチェックしてみてください!


関連タグの記事こちらから→ ARM



   

「CPU自作入門」が発売!PCではなくCPUそのものを自作しよう、という書籍!

PCではなくCPUそのものを自作しよう、という書籍「CPU自作入門」が書店で発売されたそうです!
秋葉原のショップでは、書籍と連動したサンプル基板も展示中とのことです。
このサンプル基板は「美少女回路」入りの変わったものらしいです。
「CPU自作入門」が発売に、美少女入りのサンプル基板も展示中―(AKIBA PC Hotline!)
書籍の発行元は技術評論社で、価格は3,675円。
サンプル基板は電子パーツショップのマルツパーツ館秋葉原2号店で展示/デモされており、
同店通販で購入できるそうです。こちらの価格は13,650円とのこと。
CPUのアーキテクチャはx86やx64ではなく、もちろんWindowsやDOSは動作しないそうです。

4774153389



○ドスパラ IvyBridgeこと第3世代 インテル Core i シリーズ一覧!

○TSUKUMO IvyBridgeこと第3世代 インテル Core i シリーズ一覧!

○TSUKUMO IvyBridgeとセットでお買い得な組み合わせ一覧!

○ドスパラ Trinityこと第2世代AMD-Aシリーズ一覧! ○TSUKUMO Trinityこと第2世代AMD-Aシリーズ一覧!

○ドスパラ AMD CPU FXシリーズ一覧! ○TSUKUMO AMD CPU FXシリーズ一覧!


関連タグの記事こちらから→ CPU



   

MIPSが新プロセッサコア「Aptiv」ファミリーを発表!

MIPSが5月10日に新しいAptivファミリーを発表したそうです!
これに併せて、5月24日に都内で製品発表会を開催し、ベンチマークデータを含む詳細について説明。
その様子をPC Watchさんがレポートされているのでご紹介します!
MIPS、新プロセッサコア「Aptiv」ファミリーを発表―(PC Watch)
今回発表されたのは、MCU向けのmicroAptiv、MIPS 24K/34Kの後継となるinterAptiv、
及びハイエンドであるproAptivの3製品。

上のリンク先で詳細に解説されているので、是非上のリンク先からチェックしてみてください!


関連タグの記事こちらから→



   

ARMが32bitアーキ採用の超低消費電力プロセッサ「Cortex-M0+」発表!

ARMが世界最高エネルギー効率のマイクロプロセッサ、「ARM Cortex-M0+」プロセッサを発表したそうです!
Cortex-M0+プロセッサは、超低消費電力で低コストのMCU設計に最適化されており、
情報家電、白物家電、医療監視機器、電子メーター、照明機器、電力/モーター制御機器など、
幅広いアプリケーションのインテリジェント・センサーやスマート制御システムに対応するとのこと。
ARM,32bitアーキ採用の超低消費電力プロセッサ「Cortex-M0+」発表―(4Gamer.net)
32ビットのCortex-M0+プロセッサは、ARM Cortexプロセッサ・ファミリの最新製品であり、
低コストの90nm LPプロセス実装における消費電力が、現在提供されている8ビットまたは16ビットのプロセッサの
約3分の1に相当するわずか9μA/MHzであるにもかかわらず、大幅に高い性能だそうです。

詳しい内容については上のリンク先からチェックしてみてください!


関連タグの記事こちらから→ ARM CPU



   

AndroidタブレットでPC版「Skyrim」がプレイ可能に!?「Tegra 3」についてのレポート情報!

搭載製品「Eee Pad TF201」がいよいよ国内発売になるクアッドコアSoC「Tegra 3」ですが、
「“Skyrim”など最新世代のPCゲームをTegra 3タブレットからプレイできるソフトウェア」や、
Tegra 3の“5個めのCPUコア”を使って低コスト化&省電力化を図る技術などを
4Gamer.netさんがまとめてレポートされているのでご紹介します!
AndroidタブレットでPC版「Skyrim」がプレイ可能に!? ソフトウェアの拡充と新機能で攻める「Tegra 3」―(4Gamer.net)
デモの動画や、Tegra 3の「5番めのコア」によって実現される「DirectTouch」と「PRISM Display」などを解説されています。
Tegra 3に最適化されたリモートデスクトップツールについても解説されています。

写真や動画などと共に詳しくレポートされているので気になる方は是非上のリンク先からチェックしてみてください!

関連タグの記事こちらから→ Tegra3 NVIDIA



   

ARMとGFがCortex-A9ベースで2.5GHz動作する28nm世代SoCの試作成功!

ARMとグローバルファウンドリーズがARM Cortex-Aシリーズのプロセッサに最適化した
SoCソリューションを発表したそうです!
ARMとGF,Cortex-A9ベースで2.5GHz動作する28nm世代SoCの試作成功―(4Gamer.net)
発表されたのは、デュアルコアのCortex-A9プロセッサをベースとして
2.5GHz以上の周波数で動作する業界初のテスト・チップ。
またグローバルファウンドリーズのテクノロジー・クオリフィケーション・ビークル(TQV)を使用した
20nmのテープアウトも発表されたとのこと。


関連タグの記事こちらから→



   

Samsungが初のARM Cortex-A15プロセッサ「Exynos 5250」発表!

Samsungが初のARM Cortex-A15プロセッサ「Exynos 5250」を発表したそうです!
現在サンプル出荷中で、2012年第2四半期に量産を開始する予定だそうです。
Samsung、初のARM Cortex-A15プロセッサ「Exynos 5250」―(PC Watch)
「Exynos 5250」はARMの最新ハイエンド「Cortex-A15」を採用した高性能タブレット向けのプロセッサ。
Cortex-A15では、3命令デコードのアウトオブオーダー実行エンジンにになる。
Exynos 5250は動作クロック2GHzのデュアルコアで、Dhrystone MIPSの数値は、
現行製品のCortex-A9ベース1.5GHzデュアルコアの約2倍となる毎秒140億命令の処理能力があるという。
製造プロセスは32nm High-kメタルゲート。

さらに詳しいスペックについては上のリンク先をチェックしてください!


関連タグの記事こちらから→ CPU



   

NVIDIAがTegra 3搭載タブレット「Transformer Prime」でAndroid 4.0を動作させるデモを公開!

NVIDIAが同社のSoC「Tegra 3」を搭載するASUSTeK Computer製タブレット「Transformer Prime」で、
開発コードネームIce Cream SandwichことAndroid 4.0を動作させるとデモを公開したそうです!

NVIDIA,Tegra 3搭載タブレット「Transformer Prime」でAndroid 4.0を動作させるデモを公開―(4Gamer.net)
Youtubeのデモ動画は以下の通りです。


今回公開されたデモムービーは、Ice Cream Sandwichのソースコードが公開されてから2日後に、
製品版のTransformer Primeを用いて撮影されたものとのことで、「あくまで動作させてみたレベル」だという。
デモムービー内では、レースゲーム「Riptide GP」や、1080p解像度の動画再生などを
スムーズに行えているのが確認できる。


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA CPU



   

「ARM Technical Symposia」のレポート情報!Cortex-A15やMali-T685など

ARMが都内で開催した技術者向けのカンファレンス「ARM Technical Symposia 2011 Japan」を
4Gamer.netさんが詳しくレポートされているのでご紹介します!

「ARM Technical Symposia」開催,Cortex-A15やMali-T685など同社製品の概要やPS Suiteの展開なども語られた基調講演をレポート―(4Gamer.net)
Android端末などで多用されているCortex A9や、
従来製品の5分の1の消費電力で2倍のパフォーマンスを発揮するというCortex-A7、
次世代ハイエンドCPUコアとなるCortex-A15をはじめ、Cortex-RシリーズやCortex-Mシリーズ、
GPUのMali-T600シリーズなど様々なラインナップが紹介されたそうです。

詳しくは上のリンク先のレポートをご覧ください。



関連タグの記事こちらから→ CPU



   

ARM「Cortex-A7」詳細情報!「モバイルの技術革新を可能にするCortex-A7プロセッサ」レポート

2011年11月11日に開催された組み込み用CPUコアなどで知られるARMの開発者・パートナー向けイベント
「ARM Technical Symposia 2011 Japan」での「モバイルの技術革新を可能にするCortex-A7プロセッサ」と
題された技術セッションの様子を4Gamer.netさんがレポートされているのでご紹介します!

圧倒的低消費電力,ARMのCPUロードマップの中で重要な位置を占めるCortex-A7詳報―(4Gamer.net)
ARMが発表した新しいプロセッサIPコア「Cortex-A7」の詳しい情報についてレポートされています。
電力効率の高さについてや「Cortex-A7」のパイプラインについてなど技術的なことが解説されています。
興味のある方は是非上のリンク先をチェックしてみてください!



関連タグの記事こちらから→ CPU



   

NVIDIAがKal-Elことクアッドコア「Tegra 3」を発表!Tegra 2の性能5倍かつ省電力

NVIDIAがこれまで「Project Kal-El」のコードネームで呼ばれていたモバイル向けSoC「Tegra 3」を正式発表!
デュアルコアからクアッドコア化するなどして、性能を高めながらも、消費電力を低減させているのが大きな特徴。
従来のTegra 2比で5倍の性能向上と、さらなる省電力化をうたっているとのこと。

NVIDIA、Kal-ElことクアッドコアTegra 3を正式発表~Tegra 2より高性能で低消費電力―(PC Watch)
NVIDIA,Kal-Elこと「Tegra 3」を正式発表。“4+1”コアのCPUと12コアのGPUを統合―(4Gamer.net)
Tegra 2からの最も大きな変更点は、コア数が2基から4基に増えた点dせう。
コアはいずれもARMの40nm Cortex-A9ですが、数が2倍になり、
クロックが1GHzから1.3GHzへと向上したことなどにより、総合性能はTegra 2の5倍に向上し、
Core 2 Duo T7700に匹敵する性能(Coremark値)を実現したという。 
その一方であらゆる局面で消費電力は下がっているらしいです。
これについてはTegra 3が持つ最大の特徴はクアッドCPUコアに“第5のCPUコア”を組み合わせた
「vSMP」(負荷対応型マルチプロセッシング)技術を採用している点が大きく関わってきます。
vSMPでは、低消費電力が要求される作業向けに特化した第5のコンパニオンCPUコアを内蔵していて、
このコンパニオンCPUが、メインのARM Coretex-A9と、利用状況の負荷に応じて排他動作することで、
電力を大幅に削減することに成功しているそうです。
なのでは「Tegra 3」は“4+1”コアと言えますね。

GPUはコアあたりの性能を改善しながら、Tegra 2の8コアから12コアへと強化されています。
グラフィック性能は3倍に向上したというらしいです。
■Tegra 3の仕様詳細とTegra 2との比較

Tegra 2 Tegra 3
CPU デュアルコアCortex-A9 (1.2GHz、L2キャッシュ1MB) クアッドコアCortex-A9 (1.3GHz、L2キャッシュ1MB)
メモリ DDR2-760/LPDDR2-733 最大1GB DDR3-L 1500/LPDDR2-1066 最大2GB
GPU GeForce GPU 8コア GeForce GPU 12コア
3D立体視 非対応 対応
ビデオ(1080p)デコード機能 H.264、VC-1 AP、MPEG2、MPEG-4、DivX 4/5、XviD HT、H.263、Theora、VP8、WMV、Sorenson Spark、Real Video、VP6
ビデオ(1080p)エンコード機能 H.264、MPEG4、H.263、VP8
カメラ機能 1200万画素(セカンダリ500万画素) 3200万画素(セカンダリ500万画素)
HDMIバージョン 1.3 1.4a
SoCパッケージ 12x12 PoP、23x23 BGA 14x14 BGA、23x23 BGA
製造プロセス 40nm

Tegra 3搭載製品の第1弾となるのは10月20日に香港で開催された「AsiaD: All Things Digital」において
ASUS会長のJohnny Shih氏が披露した「Eee Pad Transfomer Prime」とのこと。
楽しみですね。

「Tegra 3」に関する動画が3つありますので下に置いておきます!

4+1コアの挙動を紹介するムービー



Tegra 3の性能をアピールするムービー


Tegra 3のデモ「Glowball」


関連タグの記事こちらから→ NVIDIA CPU



   
スポンサードリンク
ブログ内検索
タグクラウドとサーチ

> tags
セール情報 Apple 雑記 Celeron ZOTAC ファンレス CPUクーラー AM1 トップフロー Thermaltake CRYORIG サイドフロー型 スペック情報 Intel 予価 CPU Xeon Haswell-EP 特価情報 AM3+ レビュー情報 AMD BRIX BayTrail-M NUC ベアボーンキット GIGABYTE Samsung Seagate SATA3.0(6Gbps) HDD Transcend DDR4 G.SKILL Crucial ADATA Avexir メモリ SanMax Corsair SSD M.2 Marvell PLEXTOR CoolerMaster LGA2011v3 キャンペーン情報 価格調査情報 Haswell-E X99 マザーボード ASUS イベント情報 ASRock Kaveri AMD-Aシリーズ APU R9-285 ビデオカード RadeonR9 VolcanicIslands Radeon A-DATA MSI MicroATX ATX Windows OS Windows9 Microsoft レノボ ランキング情報 RadeonR7 R7-250XE タブレット Surface Acer OC (キーボード) (マウス) (WesternDigital) (SSD) (HDD) (Seagate) (バッファロー) (アイ・オー・データ) (東芝) (Intel) 液晶 (AMD) (GeForce) (Radeon) ノートPC デスクトップPC Windows8 Kingston 玄人志向 GALAXY GT720 NVIDIA Palit GeForce Kepler Mini-ITXケース PCケース キューブケース 電源 80PLUS-PLATINUM LGA1150 Intel9シリーズ Z97 週間レポート情報 サイズ ATXケース HPTXケース XL-ATXケース E-ATXケース Nanoxia MicroATXケース 東芝 SanDisk H97 スリムケース ケースファン ECS Shuttle LGA2011-v3 Maxwell GTX750 GTX700シリーズ GTX750Ti Quadro WesternDigital 価格改定 HaswellRefresh Pentium NEC SSHD ハイブリッドHDD Akasa NUCケース ファンレスケース (Haswell) R9-280 GK110 GTX780 SilverStone SFX 80PLUS-GOLD InWin bequiet! NZXT 簡易水冷 デスクトップBTO (GTXTitanZ) GTX870 GTX880 GTX860 富士通 ASUSTOR Devil’sCanyon OCZ NASキット QNAP エアリア XIGMATEK Aavid フルタワーケース GTX780Ti Thin-Mini-ITX Giada ACアダプタ駆動 BayTrail-D RAIJINTEK ミドルタワーケース FractalDesign GT730 GPU GT740 Inno3D ロープロ GTX760 GK104 3Dプリンタ EVGA G.Skill EIZO ZALMAN SAPPHIRE R9-290X ELSA Intel8シリーズ Mini-ITX 80PLUS-Titanium Micron REEVEN PCIe接続 CST Piledriver Vishera FXシリーズ R9-270X Hawaii デュアルGPU R9-295X2 XFX Vesuvius Huawei GTXTitanZ Google 電源搭載PCケース BitFenix COMPUTEX Dell LG PHILIPS Richland LianLi SATAExpress JTT REGIA (Celeron) Atom E-ATX センチュリー Creative HTPCケース Phanteks SSI-EEBケース 海外サイト情報 画像 海外サイト ベンチ情報 CPUオンボード Supermicro FlexATX (HaswellRefresh) (H97) (Quadro) (ASUS) (Corsair) (GTX780Ti) (Z97) (ZOTAC) (GTX760) (GTX750) (GTX750Ti) (B85) (GTX650) (GTX660) アイ・オー・データ ラインナップ サイドフロー (GTXTitanBlack) (Z87) (X79) (IvyBridge-E) FM2+ A58 FS1b BTXケース (R9-295X2) (ENERMAX) (ASRock) (PLEXTOR) (Phanteks) kabini M-ATX キャンペーン上宇 Pascal ソニー (Xeon) (K6000) (Seasonic) (AMD-990FX) (FXシリーズ) (InWin) ファンコン R7-240 R7-250 R7-250X FirePro エーキューブ R7-260 APUオンボード Kabini キーボード BIOSTAR Chromebook (簡易水冷) (CoolerMaster) HIS iiyama (GTX770) フェイス KYESYSTEM (H81) (R9-M265X) Antec モバイル液晶 GeChic (GTX860M) AMD-990FX B85 A78 A88X A50M (AM1) (Socket版Kabini) (Asetek) H81 AVerMedia キャプチャユニット mSATA (Sharkoon) SoC Athlon Jaguar Socket版Kabini (Crucial) (Kaveri) (R9-280X) ストーム (A88X) (Q87) (Windows8.1) Asetek Sempron Seasonic Arctic VGAクーラー ゲーミング液晶 月間人気記事 SSICEBケース Indilinx バッファロー Haswell Z87 Broadwell LGA2011-3 Wellsburg Thermalright R7-265 H87 SandyBridge-E ベイパーチャンバー 海外ベンチ プレゼント情報 SandForce ファームウェア Thunderbolt Q87 JMicron GTXTitanBlack (Maxwell) (H87) (AcBel) IvyBridge-EX HGST SAS2.0(6Gbps) GeForce800シリーズ 恵安 ミニタワーケース R9-290 R7-260X (MSI) (APU) (SilverStone) (Bitfenix) (AMD-Aシリーズ) マウス IvyBridge-EN DSP IvyBridge Aerocool HDDケース MARSHAL USB3.0 Pioneer NANOXIA SiliconPower DEEPCOOL Amazon R9-280X R9-270 (SLI)I (GTXTitan) (HGST) GT640 GK208 ENERMAX Thin-Mini-ITXケース ASKTECH LSI SAS アルミケース アースソフト Soc Avoton キャンペーン 三菱 アイ・オー・データ機器 A75 X79 LGA2011 IDE Hynix AIO MadCatz 8 (R9-290X) GTX770 アイネックス NM70 Futuremark Ultrabook Intel530 キャンペーン期間 GT630 Club3D GTX660 GTX650Ti GTXTitan GTXTitanUltra GK106 A55 (R7-260X) GTX770Ti ロジクール DHARMAPOINT MS R7-270 CuracaoPro GMC eSATA WindowsRT GAINWARD GK107 GTX650 Leadtek PirateIslands ASUSS (SLI) ()ASUS (ZALMAN) (GIGABYTE) (GTX780) ナナオ IvyBridge-EP IvyBridge-E HawaiiXT HawaiiPro (Vishera) (HD8990)

最新オススメパーツ!
Haswell-E発売開始!


Haswell-E対応X99搭載マザーボード発売!
○TSUKUMO 新チップセット X99搭載マザーボード一覧!
Surface Pro 3発売開始!


Devil's Canyon発売開始!


Haswell Refresh発売!
○TSUKUMO Haswell Refreshこと第4世代 インテル Core i シリーズ一覧!
Z97/H97搭載マザーボード発売!
○TSUKUMO Z97チップセット搭載マザー一覧!
○TSUKUMO H97チップセット搭載マザー一覧!
Core i7-4790 Core i7-4790S
Core i5-4690 Core i5-4690S
Core i5-4590 Core i5-4590S
Core i5-4570 Core i5-4570S
Core i5-4460 Core i3-4360
Core i3-4350 Core i3-4150
Pentium G3450 Pentium G3440
Pentium G3240 Celeron G1850 Celeron G1840
NVIDIA製ビデオカード
GeForce GTX TITAN Black搭載カード一覧!
GeForce GTX 780 Ti搭載カード一覧!
GeForce GTX 780搭載カード一覧!
GeForce GTX 770搭載カード一覧!
GeForce GTX 760搭載カード一覧!
GeForce GTX 750 Ti搭載カード一覧!
GeForce GTX 750搭載カード一覧!

AMD製ビデオカード
Radeon R9 290X搭載カード一覧!
Radeon R9 290搭載カード一覧!
Radeon R9 280X搭載カード一覧!
Radeon R9 280搭載カード一覧!
Radeon R9 270X搭載カード一覧!
Radeon R9 270搭載カード一覧!
Radeon R7 265搭載カード一覧!
Radeon R7 260X搭載カード一覧!

Intel製CPU
インテル第4世代Coreプロセッサ(Haswell)
インテル第4世代Coreプロセッサ対応マザーボード
Z87搭載マザーボード H87搭載マザーボード
B85搭載マザーボード H81搭載マザーボード
Intel CPU Core i7 4770K ¥ 37,860
Intel CPU Core i7 4771 ¥ 37,800
Core i7-4770K&GTX780 Ti搭載デスクトップBTOはこちら!

Ivy Bridge-EことLGA2011対応新CPUはこちら!
LGA2011対応マザーボードはこちら!
Intel Core i7-4960X ¥113,378
Core i7-4960X&GTX780 Ti搭載デスクトップBTOはこちら!

AMD製CPU
AMD FXシリーズはこちら!
Socket AM3+対応マザーボードはこちら!
AMD CPU FXシリーズ FX-9370 ¥ 25,448

KaveriことAMD Aシリーズはこちら!
Socket FM2+対応マザーボードはこちら!
AMD A10 7850K ¥ 22,243

最新SSD
PLEXTOR M6シリーズ
PLEXTOR PX-256M6S ¥ 21,480
PLEXTOR PX-128M6S ¥ 12,480
PLEXTOR PX-256M6M ¥ 23,980
PLEXTOR PX-128M6M ¥ 12,980

Crucial M550シリーズ
crucial M550 CT1024M550SSD1 ¥ 61,026
Crucial M550 CT512M550SSD1 ¥ 38,664
Crucial M550 CT128M550SSD1 ¥ 11,611

CFD S6TNHG6Qシリーズ
CSSD-S6T512NHG6Q ¥ 38,190
CSSD-S6T256NHG6Q ¥ 21,980
CSSD-S6T128NHG6Q ¥ 12,480

OCZ Vertex 460シリーズ
OCZ VTX460-25SAT3-480G ¥ 44,739
OCZ VTX460-25SAT3-240G ¥ 26,180
OCZ VTX460-25SAT3-120G ¥ 14,610
バリューコマース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。